florir by kisaki

無理せずちょこちょこ書いてます。2008年6月からフロリダ生活が始まりました。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
ディズニークルーズ! Part5
7日間クルーズなので、7日目が最終日でしたが、おまけの記事を。


 【8日目】
下船日。
朝食をのんびりとって、下船しました。
前日の夜10時までにスーツケースを廊下に出しておかなければいけなかったのですが、下船後のターミナルにはキャラクターのタグ(うちはデイジーでした)ごとにスーツケースが整然と並べられていて、見つけるのも簡単でした。
簡単な入国審査のみで、お終い。陸地に付いたらすぐに駐車場。そのまま家路へ。
クルーズ旅行って、なんてラクチンなんでしょう!
我が家は港から車で1時間の距離なので、余韻を味わうことなく、あっという間に現実に引き戻されました。笑



先日、「僕をクルーズに連れて行ってくれてありがとう!」とプリントされた遥飛の手形付きの葉書が郵送されてきました。ナーサリーに預けていた時に手形を取ってもらったようです。そういえば、最終日にはナーサリーのお姉さんたちからのお手紙と、子供向けDVDのプレゼントもありました。


食事がいまいちだという前評判もありましたが、アメリカンな食事もOKな我が家は日本食が恋しくなることなく、1週間のクルーズの食事も全く苦にならず、すべて美味しく頂きました。食事はレストラン毎にメニューの中から自分で選べるので、なるべくお肉ではなくお魚料理を選んで食べていましたが。レストランの他に、いつでも利用可能なピザステーションやハンバーガーステーション、ドリンクステーションなどもあり、いつでもお腹いっぱいの状態でした。夫はこのクルーズ中にピザを何枚食べたのだろうか…?(笑) 
後から聞いた話だと、レストランでは頼めばおみそ汁も出してくれたようです。遥飛におみそ汁を貰ってあげればよかったなぁ。

私たちが宿泊した部屋は部屋はカテゴリー6。カテゴリーは1から12まであるので、ちょうど真ん中のレベルのお部屋でしょうか。ベランダ付きで、ダブルベッドとソファがあり、ソファの上の天井部分から、ベッドが降りてきて2段ベッドにもなるようになっていました。部屋ではほとんど寝るだけだったので、十分な広さ。フロリダレジデンス価格で、通常価格の35%OFFになりました。これは、時期によって対象になったりならなかったりするようなので、かなりお得でした。

船の上では、アメリカ国内から来たという日本人ファミリーにも何組か会いました。
企業から派遣されて大学にMBAを取りに来ていて、もうすぐ2年経ち卒業なので、その前にクルーズにっ!っていうファミリーが多かったです。
我が家の今回のアメリカ駐在の予定は、全部で4年で、1年半経ったので、残りあと2年半。
帰任する前に、もう一度行けたらいいね…と夫と話しています。
遥飛も事ある毎に「ミッキーの船、また乗ろうねー」と言っているので。
その頃には紗羽もミッキーやミニーが大好きになっているかな?


とにもかくにも、初のクルーズ旅行、十二分に楽しみました!!
長い旅行記を最後まで読んで下さった方々、ありがとうございました。
| kisaki | ディズニークルーズ | 14:45 | comments(2) | trackbacks(0) |
ディズニークルーズ! Part4 
かなり時間が経ってしまいましたが、(もう帰ってきてから1カ月だ!早い〜。)
ディズニークルーズ旅行記の続きです。


【6日目】
3日目に続き、再び船上日。この東カリブの7日間クルーズは船上日が2日間あります。
7日間のクルーズにはキャラクターブレックファストがあり、我が家はこの日がキャラブレの日でした。朝食を撮っている間に、次々とキャラクターが回ってきます。紗羽にとっては恐怖の時間。キャラが回ってくる度に紗羽は号泣でした。笑


↑サーバーのお姉さんにナプキンでピーターパンハットを作ってもらった遥飛。

午前中は、遥飛はオセアニアクラブ、紗羽は夫に観てもらって、私はVista Spaでエステを楽しみました。フルフェイシャルとボディのコースで、トータル約2時間。波の音を聞きながらのエステ。極楽でした。
私がそばそばが居るとママ!ママ!の紗羽も、パパと二人で楽しく過ごせたようでした。ありがとう!

 「パパ〜!」

午後は遥飛は再びプール遊び。デッキにあった卓球もみんなで少ししました。
あとはショップでお土産を見たりしてのんびり過ごしました。

夜はセミフォーマルデー。
遥飛はフォーマルスーツのジャケットなし、紗羽はハローウィンの時に来たミニーちゃんのコスチュームでディナーのレストランに行ったのですが…。6日目ということもあり、疲れが溜まっていたのか、二人ともすぐにグズグズになり、食事を食べる前に部屋へ退散。二人ともそのままベッドでこてっと寝てしまいました。オーダーしていた食事は部屋まで運んでもらえ、部屋でルームサービスのように食べました。お料理は冷めてしまったけれど、レストランで子供たちに食べさせながらの食事と違い、これはこれでゆっくり食べられるから良かったかもね、なんて言いながら。
この日の夜のショー"DREAMS"には私一人で行ってきました。
一人だったので、空いている席を見つけ、前の方で観れたこともあり、楽しみました。


【7日目】 最終日。
ディズニー所有の島、Castaway Cay キャスタウェイキー(バハマ)に停泊!
完全なプライベートアイランドで、ここにいるのはディズニークルーズのゲストのみ。

ここでは唯一、事前にインターネットでグラスボトムボートを予約していました。
年齢制限があるものが多かったのですが、グラスボトムボートなら、0歳からOKということだったので。バハマの綺麗な海のお魚を船の上から見れたら、遥飛も紗羽も喜ぶだろうと思ったのですが…。

グラスボトムボートは朝9時半からの予約だったので、朝1番に下船し、集合場所に行ったのですが、今日は波が高いからアクティビティは全て中止だと言われ、結局乗れませんでした。
確かに、曇り空な上ものすごい風で、これでボートに乗ったら完全に酔うな、という感じでした。
残念〜。今回のクルーズの中で、唯一この日のみお天気が悪く、残念でした。それでも海は碧かった。
仕方がないので、ファミリービーチでのんびり遊ぶことに。
早く下船したおかげで、しばらくプライベートビーチのようでした。
海の水は冷たく、泳ぐという感じではありませんでした。
冷たい水にも関わらず、シュノーケリングに挑んだ夫でしたが、魚は見えなかったとか。
天候のせいなのかな。

 

 

遥飛は砂で作った山にトンネルを作り、紗羽もおでこに砂をつけながらも真剣に遊んでいました。
遥飛は冷たい海にも入って楽しそうでした。
お昼はビーチ傍でビュッフェスタイルのBBQランチでした。




最終日の夜のショーはRemember the Magic!。コメディアンが背の高い一輪車に乗ってジャグリングをするシーンがあったのですが、船が揺れて揺れて、私たちが普通に歩くのも大変だったときだったので、かなり時間がかかった後に成功した時には拍手喝さいでした。
夜の10時15分からはロビーで"Till We Meet Again”。子供たちが寝た後だったので、またまた一人で行ってきました。
普通のショーかと思ったいらキャラクターと写真を撮り放題タイムでした。一人だったので、写真は撮らず、あぁ、これでこの楽しい旅ももうお終いかぁと思いながら、写真を撮る人々を眺めていました。本当に楽しい旅でした。


| kisaki | ディズニークルーズ | 14:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
ディズニークルーズ! Part3

25日から発熱していた遥飛。
28日朝、熱は下がっていました。しかし前の晩の夜中に38度2分あり、タイレノールを飲ませたので、それが効いているのかなと思い、念のため朝一で病院へ。
インフルエンザの検査をしてもらいましたが、陰性。耳もよく見てもらいましたが、中耳炎にもなっていませんでした。ただの風邪だったようです。
病院から帰ってきてからは、ものすごく元気。昨日までの熱がうそのようにはしゃぎまくってご機嫌。良かったね。元気に新しい年を迎えられそうです。



ディズニークルーズ旅行記の続きです。

【4日目】
グランドケイマン島に寄港。
イギリス領ケイマン諸島グランドケイマン。
カリブの海賊の島として知られていたようです。

海の透明度が高く、有名なダイビングスポット&エイと触れ合うツアーが人気のようですが、子連れなので、ビーチでのんびり遊びました。
行ったのはセブンマイルビーチ。船を下りて、客引きをしていた乗合いTaxiで片道一人6ドルでした。
波の穏やかなファミリー向けの砂浜で、遥飛も紗羽も存分に楽しみました。

 

船に戻ってからも遥飛はプール遊び。
デッキにあるステージではキャラが出てくるミニショーが7日間を通して度々行われていました。



夜のショーはTwice Charmedというシンデレラの続編のオリジナルショー。
これはとても面白かったです。遥飛はこの日もショーの途中で眠りにつきました。
日中、海で遊んだりプールで遊んだりして8時半からのショーでは、小さな子供は眠くなってしまうのは当然だね。一日沢山遊んで、よく頑張りました。この日はエイがお部屋でお出迎えしてくれました。

 



【5日目】
コスメル(cozmel)島に寄港。
ここはメキシコ。メキシコ最大の島だそうです。
グランドケイマンと同じく有名なダイビングスポット。マヤ遺跡もあります。

私たちは、チャンカナブ(CHANKANAAB)ナショナルパークに行ってみました。Taxi1台で片道10ドル。
入園料は16ドル。さらにドリンク&Tシャツ付きで19ドルだったので、一人分はそちらで入園。
とても奇麗な公園で、予約していれば、ドルフィンスイムなどもできたようです。
小さいけれど子供向けの浜辺があり、遥飛と紗羽はそこで砂遊び。そこは小さな入江になっていて、脇の岩場では遥飛も綺麗な熱帯魚を見ることができました。
そして子供たちがそこで遊んでいる間、私たちは交代でシュノーケリングを楽しむことができました!
魚が沢山いてめちゃくちゃ綺麗でした。
シュノーケリング、出来たらいいなぁと思っていたので、出来てよかったー。
碧い海に青い空。白い砂に綺麗な魚たち。これぞカリブ海!
夫はベーグルをポッケに忍ばせて海に入り、ものすごい数の魚が寄ってきて、怖いくらいだったとか。




夜はパイレーツナイト。
多くの人が、海賊の仮装をして夜を楽しみます。
かわいい子供の海賊たちのほかに、大人でもメイクもして、かなり本格的なパイレーツがいて面白かったです。
遥飛はパイレーツミッキー帽子とパイレーツオブカリビアンのピストルを手にプチ仮装。

 

夜のレストランでも、サーバーたちも皆パイレーツ姿。
メニューも、宝の地図をモチーフにしたもので、テーブルにはバンダナが置かれていました。最後にはみんなでレストラン内を行進し、リンボーダンスも。




夕食の後、この日はいつものようにショーではなく、映画「The Princess and the Frog」を観ました。
12月11日に全米公開が始まったばかりのディズニー映画をいち早く観ることができました。
映画観たの、いつ以来だろう…。純粋に楽しめました。3Dではないディズニー映画は久々のようです。映像がとっても綺麗なハイクォリティーな映画でした♪

夜9時45分からはデッキでパイレーツナイトのパーティー。Pirates IN the CARIBIAN!
最後に花火が上がるので、遥飛も楽しみにしていたのですが、映画も眠そうに観ていた遥飛。パーティーが始まる前からパパに抱っこされながら撃沈。最後の花火も観れず。頑張って起きていた紗羽は真上で上がった花火の音に号泣でした。

翌朝、起きた遥飛は「花火見れなかった〜」と泣いてしまいました。可愛いかった…。



Part4(Last!)に続く…。

| kisaki | ディズニークルーズ | 16:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
ディズニークルーズ! Part2

ディズニークルーズ旅行記の続きです。

【2日目】
フロリダ最南端キーウエストへ。
キーウエストへは私たちの住んでいるLake Maryからも車で7時間ほど。
途中で1泊すれば、割と気軽に行ける場所で、お友達も言ったことがある人が多いのですが、私たちはまだ行ったことがありませんでした。

ここの一番の観光名所はサザンモストポイント。
フロリダ最南端=アメリカ最南端!!
ただそれを意味する最南端の石碑があるだけなのですが、写真スポットになっているので、我が家も記念にパチリ。"キューバまで90マイル"って書いてあります。


他に有名なのはヘミングウェイの家。しかし、ここは前を通っただけで入らず。
キーウエスト名物のキーライムパイを食べて船に戻りました。
レンタバイクやレンタサイクルをしている人が多い中、私たちは徒歩で。
サザンモストポイントまで片道30分ほど。いい汗かきました。




アレルギーのある遥飛。今は、卵は完全除去、乳は徐々に解除、小麦はもうOKという状況。
船上での食事は、これまで行って感動したディズニーホテルのキャラクターブレックファストほどの対応ではありませんでしたが、一応きちんと対応はしてくれました。
初めは「メニューのどれに卵が入っているか教えて欲しい」と言っても、「こちらがメニューのどれかを選んで、それに卵が入っているかをシェフに確認してくる」というスタイルでしたが、メニューを見たところ、明らかにほとんどすべてNGだったりして、最終的には、毎回トマトソースパスタ+チキン+野菜+ポテトフライをあらかじめ用意してもらうということに落ち着きました。アンパンマンのレトルトカレーを2食分だけ持って行っていたのですが、もっと持って行けばよかった。美味しくないけれど一応白いご飯はもらえたので、2回はカレーを食べました。朝はベーグルやシリアルやフルーツなど。昼は、寄港地でランチタイムになりそうなときは朝のベーグルを多めに貰って食べたりしました。



夕食を食べて部屋へ戻ると、かわいいタオルのゾウさんがお出迎え♪


毎日、いろいろな動物たちがお出迎えしてくれ、部屋に戻って扉を開けるのが楽しみでした。
この日のショーはコメディーショー。子供には分からないかなーと思いパス。

  



【3日目】
船上日。船の上で、みんなのーんびりの一日です。
この日はまたまた大人のお楽しみPALOでのブランチを予約していました。
インターネットでの事前予約では取れなかったのですが、乗船してからすぐにデスクに行き、予約できました!ラッキー。
このブランチは良かった!ビュッフェ形式でシーフードやサラダ、パン、デザートなどがあり、それにプラスしてピザやスープオムレツやお肉や魚のメインディッシュやパスタを注文できるようになっていました。いや〜食べた〜。デザートはその場でも食べたけれど、サーバーが部屋に持って帰って食べる用のプレートまで作ってくれて、夜もデザートを楽しみました。遥飛と紗羽は2回目のNursary(託児)でしたが、今回はお友達もいたため、お迎えに行った時も「楽しかったー」とニコニコの遥飛でした。紗羽はお昼寝タイムで眠たかったのもあり、預ける段階から相当泣いて、その後泣き疲れて寝ていたようでした。

午後は船のプールで遊びました。
遥飛はこのプールがお気に入り。ミッキーの形をしていて、黒いところは耳の部分。顔の部分も遥飛の腰より少し上くらいのちょうどいい深さで、傍に付いていなくても楽しく遊べました。

  
 紗羽も楽しく水遊び。


託児とは別に3歳以上の子供が遊べるオセアニアクラブというのがあり、子供だけがそこに行き、遊具で遊んだり、プログラムに沿ってスタッフのお姉さんや時にはキャラクターと遊べるようになっています。トイレトレーニングが済んでいれば3歳以下でもOKと聞いていたので、登録しに行くと、3歳2週間前の遥飛もすんなりOK。何回かそこに行って遊びました。プログラムには参加せずに、ディズニー映画を観ていたようですが。


夜はフォーマルデー。
1週間のクルーズではフォーマルデーがあり、皆ドレスアップして夕食へ。
遥飛もお友達に借りたスーツを着て、おめかし。

 
 おめかしツーショット。紗羽ギャン泣き。

夜のショーは、Golden Mickeyというショーでしたが、なかなかミッキーが出てこず、最後にミッキーが出てくる寸前に、遥飛は眠りに付きました。


Part3に続く…

| kisaki | ディズニークルーズ | 13:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
ディズニークルーズ! Part1
 
ディズニークルーズから帰ってきました!!
一言、「楽しかった!!」

帰ってきたのは19日の土曜日。それからすぐにblogを書こうと思っていたのですが、クルーズ疲れで睡魔に勝てず寝てばかり&紗羽が寒暖の差で風邪をひき、夜中の嘔吐・発熱でその看病もありバタバタしていました。留守にしていた1週間の間にフロリダが冬になっていて、びっくり。紗羽はまだ鼻水を滝のように垂らしていますが、熱でぐったりだったのは1日だけで、今は元気です。


さてさて、クルーズ話。
それはもう、夢のような1週間でした。
カリブの島々の海の碧いこと!!感動でした。飛行機や車での面倒な移動なく、いろいろな場所を訪れる事が出来て、よかった。クルーズ最高。何日か、船がものすごく揺れたので、船酔いのひどい人には無理かもしれないけれど、子連れ旅行にクルーズはお勧めです。
そして、1週間家事をせずのーんびり出来たのが最高でした。
レストランでのお料理は選び放題食べ放題だし(1キロ太って帰ってきました)、子供たちを預けて大人ディナー&ブランチも満喫できたし、エステもしたし、普段なかなか観れないショーや映画も観れたし、もちろん遥飛もとっても楽しそうだったし(紗羽はまだ小さすぎて分からない感じだったけど)、最高でした。

今回私たちが行ったのは行ったのは7泊の西カリブコース。
ポートカルナバルという家から1時間ほどの港から出航です。

2009年12月12日〜12月19日

1日目 夕方 出港
2日目 キーウエスト(フロリダ最南端)
3日目 船上日
4日目 グランドケイマン(イギリス領ケイマン諸島)
5日目 コスメル(メキシコ)
6日目 船上日
7日目 キャスタウェイキー(バハマ・ディズニー所有の島)
8日目 朝 帰港

というスケジュールでした。

続きを読む >>
| kisaki | ディズニークルーズ | 01:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

このページの先頭へ