florir by kisaki

無理せずちょこちょこ書いてます。2008年6月からフロリダ生活が始まりました。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
picnicとアレルギー反応
夫の会社のイベントでWekiwa Springs State Parkでのピクニックに行ってきました。
大自然の中の湧水の遊泳場があり、カヌーにも乗れるState Park。初めて行きました。

 泳ぐ人々を眺める紗羽

ケータリングのランチが出たのですが、最近調子がいいので気が緩んでいた私。
おにぎり以外のおかずを持って行かなかったので何の確認もせずに、ケータリングのBBQチキンとコーンドックの中のソーセージを大丈夫かなと思い少し遥飛に食べさせてしまいました。
するとすぐに「気持ち悪い」と遥飛。そして嘔吐。
きっとBBQソースかソーセージに卵が使われていたのだと思います。
少しの間ぐったりして辛そうだった遥飛。少ししたら元気に普通に遊べるようになりました。
食べてすぐに嘔吐するのは初めて。アナフィラキシーショックですよね。辛い思いをさせてしまってごめんね。生まれてから今まで母乳経由以外で体内に卵を入れたことがなかったので、今回が初めての誤食でした。母大反省。身体が即座に拒絶反応を示し、体内に入れずに吐きだすことで、自己防衛したのですよね。呼吸困難や蕁麻疹などが出ず、おおごとにならなくて本当によかった。

その後はみんなでゲームをしたりサッカーをしたりして土曜日の午後を楽しみました。
ゲームの中にはエッグレースやエッグトスなどもあったので、あちらこちらに割れた卵が落ちていて遥飛が触らないように気を遣いました。イースターの次の週末だったから卵関係のゲームが多かったのかな。自然の中の宝探し(リストに「まつぼっくり」「どんぐり」「Y字の木の枝」「穴のあいた葉っぱ」などが書いてあり、多く探してこれた人が勝ち)も面白かったです。

 




最近、牛乳入りのパンやお菓子、チーズを食べても大丈夫な遥飛。乳に関してはこのままクリアーできそうですが(牛乳やヨーグルトに対しての接触性のアレルギー反応はまだ多少あり)、卵に関しては、今後もしばらくアレルギーが強く残りそうです。
そんな中、マクドナルドのハンバーガーには原材料に卵が使われていないことを知りました。
今まで、遥飛にはフライドポテトのみを食べさせていたのですが、もしかしたらいけるかも?
食料を持たずに外に出た時に、食べられるものがあると思うと、健康に良くないファストフードとはいえ、いざという時にとても心強いなぁ。(マックならどこにでもあるし) 
体調の良い日にトライしてみようかな。
| kisaki | allergy | 16:26 | comments(2) | trackbacks(0) |
遥飛Flu shot &紗羽1歳1カ月
インフルエンザの予防接種、ワクチンには鶏の卵が使われているので、卵アレルギーのある遥飛は生まれてからインフルエンザの予防接種を受けていませんでした。
先週、予防接種が受けられるかどうか、アレルギー専門の病院でワクチンを使ってスキンテストをしました。
結果、Positive(陽性)。
しかし、先生によるとこの程度の反応であれば本来1回に打つ接種量を1/4ずつ、4回に分けて打てば、アレルギー反応は出ないのではないかとのことで、本日初めてのインフルエンザ予防接種を行ってきました。(新型ではなく季節性)
Positiveなのに大丈夫なのか?という不安と、「うちの子はインフルエンザ予防接種はしません」という親もたくさんいる中で、そこまでして打たなきゃいけないものなのだろうか?という葛藤がありつつ当日を迎えました。

部屋にはアナフィラキシーが起こったときのことを考え、いろいろなキットが用意されました。
1回打って、20分待ち、また打って20分待ち…
1回目から抵抗して泣いた遥飛。3回目・4回目には、大泣き&大暴れ。
本来1回で済む注射を1日に4回もしなくてはならなかったんだもん、辛かったね。でも、よく頑張りました。
アレルギー反応も出ずに、無事に接種終了。2時間以上かかりました。
こどものインフルエンザ予防接種は2回。1ヶ月後にもう一度同じことをしなければならないと思うと、本当にかわいそうだけど、これで今年のインフルエンザから身を守れるかな。また頑張ろうね。


1歳1カ月になった紗羽。
体重はいまだに7.8キロ。少しずつ食べるものは増えてきたんだけどね。
ベビーサインは「美味しい」と「もっと」ができるように。
ちょっと頭を下げて(立っているときには膝も曲げて)、「ありがとう」もできるように。これは可愛い。
下をベローって出すのがブームのよう。
おっぱいタイムだと分かると声をあげて笑って喜びを表します。笑える。
欲しいものがあると、ウーン、ウーンと言って、猛アピール。
手に入らなかったり、遥飛に何か意地悪されたりすると、床におでこを打ち付けるので困りもの。(これ、遥飛もやってました)
おでこ打ち付け以外にも、遥飛にいろいろと反撃(頭突き・つねり)もしています。気が強いというか、何というか。
踏み台や椅子に上るように。目が離せない!
歯磨きの大嫌いな遥飛。紗羽は大好き。自らゴローン&アーンでいい子に磨きます。これは助かる!


夫は昨日から、カナダに出張中。
なんと、マイナス30度の世界ですって。信じられない!!
帰ってきて、風邪をひきませんように。

今週末からディズニークルーズ!カリブ海が待っている!!
準備しなきゃっ。


play groupのお友達Kaedmonのお誕生日会がありました。
テーマはAround the World。ケーキは地球と飛行機のケーキでした。
遥飛はケーキはmy cakeを持参しました。
青や黄色のケーキも抵抗なく食べられるようになってきた私。
アメリカ滞在1年半。慣れって恐ろしい…。苦笑


| kisaki | allergy | 12:37 | comments(3) | trackbacks(0) |
ミルク負荷試験
遥飛のアレルギーの病院に行ってきました。
前回(2週間前)の問診で次回はミルクとインフルエンザワクチンのパッチテスト(皮膚検査)をしましょうと言うことになっていましたが、ワクチンは現在世界的に冬に向けて生産中のようで、小児科にもストックはないとのこと。その旨をアレルギーの病院に伝えるとではミルクだけでも検査しましょうということに。
この流れからてっきりミルクのパッチテストをするのだと思ったのですが、いきなり負荷試験!心の準備がぁ!!大丈夫かな、とドキドキ。
ミルクを買ってくるように指示され、1滴からスタート。1滴口に入れ、20分待って様子を見ることに。
この一番最初の段階でナースが遥飛の口にミルクを入れる時に、ミルクをこぼして、唇の下にミルクが付いたのですが、そこが赤くポツポツと腫れました。あぁ、ダメか。と思ったのですが、ドクター曰く、接触性の反応は実際の体内のアレルギー反応とは別物なので、他に反応が見られないので続けましょうと。唇の下の赤みもすぐに消えました。
1cc飲んで20分待ち、OK。2cc飲んで20分待ち、OK。3cc飲んで20分待ちOK、最後に5cc飲んで50分待ち、OK!!!帰宅して6時間後の反応も見てと言われましたが、No Reaction!!
ミルクはクリアーということになりました!
1歳前にヨーグルトで負荷試験をした時も、試験で食べた時はOKで翌朝顔に湿疹が出て、やっぱりもう少し様子を見ましょうということになっていたので、ぬか喜びはしないようにと思っていたけれど、どうやら大丈夫そうです。
人生で初めて牛乳を飲んだ遥飛。それまでは注射器のようなもので口の中に入れてもらいましたが、最後の5ccは小さなコップに入れてもらって飲みました。あの飲み終わった後の美味しい〜という幸せそうな顔、忘れられません。
家で作るものはミルクの代わりに豆乳を使っていろいろと作れるけれど、外のもので食べられるレパートリーが増えて、今まで除去してきたものがいろいろ食べられるようになると思うと、やっぱり嬉しい。
でも、焦りは禁物。解除も一気にするのではなく、徐々にしていきたいと思います。
卵もいつか食べられるようになるといいな。
ちなみに先生が解除してもいいと言った小麦は、未だ解除を始めていません。遅延型で反応がある間は身体に何らかの負担がかかっていると思うので。私はアレルギーの専門家ではないけれど、なんとなくまだしない方がいいと思うので、もう少し様子を見ようと思っています。

はると〜、よかったね。
| kisaki | allergy | 13:43 | comments(4) | trackbacks(0) |
遥飛のアレルギー検査
1月19日月曜日。
遥飛のアレルギー検査をアメリカにきて初めて受けました。
日本に居る時に、保育園に行く前に検査をしましょうと血液検査をしたのが2007年の10月。それから約1年3か月ぶりの検査。除去を続けているので、少しでも良い結果になっているといいなーという淡い期待を胸に、いざ。

アメリカではかかりつけの小児科からそれぞれの専門の病院を紹介されます。遥飛もアレルギー専門の病院を紹介され、そこで検査を受けました。
血液検査での数値はあくまでも目安であってフードアレルギーの場合本当に食べられるもの食べられないものが分かるのはやはりスクラッチテストだというスタンスの病院だったので、スクラッチテストを行いました。私としては血液検査の数値がどうなっているかも知りたかったけれど。
日本の病院では腕に針を刺したけれど、今回は背中に刺しました。
どちらがいいか聞かれて、かきむしらないように背中にして正解。
卵黄、牛乳、大豆、小麦、卵白のエキス(多分)を注入。
ギャン泣き&大暴れでしたが、なんとか刺して、待つこと20分。
卵白の所がめちゃくちゃ腫れてきて、卵黄と牛乳の所が少し腫れてきました。
先生からは小麦はOK、卵、牛乳は引き続き除去するようにという指示が。
やったー、卵・牛乳は残念だけど小麦だけでも食べられるようになったらうどんやそうめんや一部のパンも心おきなく食べさせてあげられるーと心躍った私。
ところが、家に帰って夜寝る前に背中を見てみると。小麦の所も卵黄と牛乳の所と同じくらい腫れていました。あー、残念〜。小麦は反応が遅延型のようです。
引き続き、卵・牛乳・小麦の除去を続け、また半年後に検査をしてもらうことになりました。これからお友達と遊ぶことも多くなるだろうし、プレスクールへ通うことも少し考えているので、誤食などがないように、気を付けてあげないと。


今日で2歳1ヶ月の遥飛。
先週の金曜日にこちらにきて初の本格的風邪を引きました。少し寒い日が続いていたんですよね。
鼻水が出てるなーと思ったら熱がどんどん上がり、夜には38℃。丸1日元気がなく、とってもだるそうでした。そして人生初の嘔吐(2回)。お友達がこちらの風邪の時に飲むとよいと言われるポカリのようなものや薬を持って駆けつけてくれました。しかし、薬を飲ませる間もなく寝てしまい、朝起きたら熱が下がっていたので一安心。鼻水は続いており、夜になると少し咳もしているので、引きこもって完治を目指しています。
紗羽にうつりませんように。

最近よくある風景。紗羽に馬乗りになる遥飛。写真を撮る前に紗羽を救出しろよって感じですが、パチリ。



ショッピングモールの広場で遊ぶ遥飛&紗羽の微笑(最近はもっとにや〜っと笑います)
| kisaki | allergy | 13:47 | comments(10) | trackbacks(0) |
乳負荷試験結果
アレルギーのお話。
乳の負荷試験を1泊入院で行ってきました。
今回もやはりかわいそうだったのは点滴。まだムチムチしている遥飛。かなりの時間泣き叫んでいたけれど、上手くいかなかったようで、休憩を挟んで別の先生(主治医の先生)がトライ。この時は1発で入ったそう。初めから主治医の先生にやってもらえたらよかったのに〜。(涙)

今回はヨーグルトを15分おきに3g、3g、6g、12g、24g。計約50g、美味しそうにパクパク食べる遥飛。
小麦(うどん)の時のように、数時間後にすぐに目の周りが赤くなったり、蚊に刺されたような跡ができたりすることは無く、先生も「よしよし、牛乳はOKそうですね」と。やったー。
夜、遥飛を寝かしつけ、私も22時頃に病院のベッドに添い寝する形で横になるも、興奮して眠れず。"遥飛の1歳のお誕生日には水切りヨーグルトでケーキにデコレーションしてあげよう!私はGODIVAのシェイクが飲むぞー!リゾットも食べたいなー。"なんて、あれこれ考えていたら全然眠れなくなり、更にお腹が空きすぎて気持ち悪くなり、夜中の2時にお菓子を食べる始末・・・。(苦笑)

ところが。
翌日起きてみると、ほっぺに少し湿疹が〜。(>_<;)
まだダメなようです。先生は2週間乳製品を食べ続けて様子を見てくださいっていってたけど、やっぱりお休みします。
いきなりヨーグルトで負荷試験って、遥飛の身体に負担をかけてしまったかな・・・。
ヨーグルトってほぼ牛乳だもんね・・・。ごめんねー。
少しずつ様子見を見ながら、小麦同様焦らずゆっくり、やっていこうと思います。

ちなみに様子を見ていた鶏肉は大丈夫そうです。よかったねー。
| kisaki | allergy | 19:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
小麦負荷試験結果
あー、残念。
遥飛は小麦はまだ駄目でした〜。

横浜市民病院にて1泊入院で小麦の負荷試験を行ってきました。
15分おきにうどんを食べ、反応を見ていくもの。
着いてすぐに点滴を装着。
泣き喚く遥飛の声が延々に聞こえてきました。いやだよね、ごめんねーと思いつつ、病室で待つ私。汗ぐっしょりでヒックヒック泣きながら戻ってきました。血液検査の時以上に泣いていた&時間がかかったかも。
アナフィラキシーが起こった時のために対応できるように、点滴・心電図などを繋ぎました。


初めにうどんをスプーン1さじ。15分待って、大丈夫。
もう一度同じ量を1さじ。15分待って、大丈夫。
今度はスプーン2さじ。15分待って、大丈夫。
さらにスプーン3さじ。15分待って大丈夫。
最後にスプーン4さじ。15分待って大丈夫。
全部で子供茶碗半分くらいの量。美味しそうにパクパク食べていました。
これはいけるかも???と思ったのですが・・・。
むむむ?なんだか、身体(太ももと二の腕)に蚊に刺されたようなあとがあるぞ。初めからあったっけ?なかったなー。
目の周りも赤くなってきたぞ。ほっぺにポツポツがでてきたぞ。ありゃりゃ。
「残念だけど、反応出ちゃったねー。痒み止めのお薬を点滴で入れましょう」と先生。
呼吸困難や顔が真っ赤に腫れあがったりすることはなく、反応の程度は低かったのでよかったのですが、やはりまだ無理でした。残念!
蚊に刺されたような跡や目の周りの赤みはわりとすぐに消えました。
その後は様子を見るということで、翌日のお昼まで普通にベッドの上で過ごしました。
身体はいたって元気な遥飛。点滴や心電図は付けたままなので、動き回る遥飛を最低限の動きに抑えるのに必死でかなり疲れました。
夜はベッドで添い寝。一緒に病院のベッドで寝ていると、出産後の入院していた頃を思い出して懐かしくなりました。あのころはまだただただ寝ているだけの遥飛だったのにねー。

遥飛の場合、たまに湿疹ができるのだけれど、今回のように何かを食べてすぐに反応が出るということはなかったのですが、今回は明らかな反応を見ることができました。
血液検査のスコアが0、プリックテストでも陰性だったので、これはいけるかも♪と期待してしまっていただけに、がっくり感は否めないけれど、このまま除去を続けて、近いうちに食べられるようになればいいな。
長い目でみないとね〜。
11月の中旬に乳の負荷試験も行ってみます。今度はヨーグルトを使うそう。
今回の小麦が駄目だったので、乳はまだ早いような気がするのだけれど、先生が「また違うものだから」とおっしゃるので、再チャレンジ。大丈夫かなー・・・。

ちなみに今回の入院費の自己負担は乳幼児医療証が効いたので、食事代だけで1040円。
でも、請求書を見ると、本来の請求額は6万円以上!!恐ろしいっ・・・!!!
| kisaki | allergy | 22:19 | comments(11) | trackbacks(0) |
アレルギーテストの結果
今日、皮膚科で遥飛の食物アレルギーテストをおこなってきました。
卵白・牛乳・母乳・粉ミルク・おかゆ・小麦粉・豆腐の7品目を皮膚テストでチェック。

結果・・・。
卵と牛乳がクラス3、粉ミルクがクラス2、小麦がクラス1のアレルギー反応がありました。

アレルギーっ子だと分かり、やはりショックもあるけれど、湿疹が治らない原因が早めに分ったのでよかったと前向きに考えます。
先日、私がとんかつを食べてしまった翌日に顔の湿疹がひどくなったので、もしかしたら卵かなーと思っていたので、やっぱり・・・という感じでした。
母乳で育てているので、これから私の食生活を改善し、これらを完全除去。
これまで、卵そのものや牛乳そのままは摂らないようにしていたけど、加工品はそこまで気にせず摂ってしまっていたので、これからは原材料をしっかりチェックして摂らないようにしないと。大好きなパンもしばらくさようなら〜。
これで肌が綺麗になって、痒いのも無くなるといいな。

離乳食も遅めの6ヶ月に入ってからにと言われました。
昨日張り切って『はじめての離乳食百科』という本を買ってきたばかりだったので、ちょっと肩透かしを食らった感じですが、マイペースでゆっくりと。

一般的に、成長に伴って治っていくといわれる食物アレルギー。
もしかしたら、長いお付き合いになるかもしれないけど、頑張ろうねー、遥飛!
まずはいろいろ勉強しないと!!


<追記>
夕方からグズグズ、泣いてばかりだった遥飛。
オムツを替えるときにお腹を見てみたら、見たことのない様なものすごい湿疹!!!お腹と背中が真っ赤。
あわてて皮膚科にTel。対処法を仰ぎました。
これまでは母乳からしかアレルギー源に触れていなかったのに、今日は直接触れたから拒絶反応がでてしまったみたい。普通は検査をして膨れた部分が半日くらいで治まるらしいのが、遥飛は更に膨れた感じになっていたので、強いアレルギーなのかな・・・。
これからも、いろんなことがあるんだろうな。冷静に、冷静に。
寝る前には体の湿疹も大分ひいたので、一安心です。
| kisaki | allergy | 14:19 | comments(8) | trackbacks(0) |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

このページの先頭へ